【日冷工の主な国際活動】

1) ICARHMA
ICARHMA(The International Council of Air Conditioning, Refrigeration and Heating Manufacturers Associations)は、豪(AREMA)、ブラジル(ABRAVA)、カナダ(HRAI)、中国(CRAA)、コロンビア(ACAIRE)、欧州(EPEE, Eurovent)、インド(RAMA)、日本(JRAIA)、韓国(KRAIA)、米国(AHRI)の冷凍空調暖房工業会11団体で構成された国際評議会です。
日冷工は米・加・欧と共に、1991年のICARHMA設立当初より参画し、積極的な活動を行っております。

現在は、年2回、業界関連の情報交換を実施に加え、A5国などにおける冷媒の取り扱いに関する認可プログラム(RDL- Refrigerant Driving License)や空調設備サービス業界における人材レベル向上・冷媒の安全管理改善プログラム(GRMI-Global Refrigerant Management Initiative)などについて協議を行っております。

ICARHMAに関する詳細はこちら:http://www.icarhma.org/Home.aspx

2) 日中韓会議
日中韓会議(The Three Association Meeting)は、日本(JRAIA)・中国(CRAA)・韓国(KRAIA))の冷凍空調暖房工業会3団体で結成された会議です。ICARHMA活動を補完する位置付けで、2007年より年1回、共通の課題に関し情報交換を実施しています。
3) その他海外イベント
国連環境プログラム公開作業部会( UNEP OEWG)において日冷工主催のサイドイベントを実施し、キガリ改正に向けた日冷工の取り組み等、積極的に情報発信しております。また、各種国際会議や展示会にも積極的に参加し、情報収集を図っています。

海外のイベントにおける日冷工の発表資料(英語版のみ)はこちら:http://www.jraia.or.jp/english/relations/index.html