関連製品


JIS改正によるエアコンのカタログ表示について
長年ご使用のエアコンの安全について
一般財団法人 家電製品協会 省エネ家電de温暖化防止
はじめよう、省エネ×創エネ×蓄エネ!スマートライフジャパン推進フォーラム

家庭用エアコン

期間消費電力量を省エネ性のめやすにお選びください

※このコーナーは、2013年度JIS規格に基づいた説明となっています。
エアコンの省エネ性を表す指標として期間消費電力量(kWh)をエアコンのカタログに記載しています。
エアコンご購入時には、この値をランニングコストのめやすとしてご確認ください。 (JIS C 9612:2013)

エアコンの期間消費電力量について
JIS C 9612:2013に基づくAPFから算出された期間消費電力量は、以下の条件による試算値です。実際には地域、気象条件、ご使用条件などにより電力量が変わります。

―算出基準―
  • 外気温度:東京をモデルとしています。
  • 設定温度:冷房時27℃/暖房時20℃
  • 期間:冷房期間(5月23日〜10月4日)
              暖房期間(11月8日〜4月16日)
  • 時間:6:00〜24:00の18時間
  • 住宅:JIS C9612による平均的な木造住宅(南向)
  • 部屋の広さ:機種に見合った部屋の広さ
    冷房能力ランク(kW) 〜2.2 2.5 2.8 〜3.6 〜4.5 5.0 5.6 6.3 7.1 8.0 9.0 10.0
    畳数(畳) 6 8 10 12 14 16 18 20 23 26 29 32

ご参考−実際のご使用においては、次の点にご注意ください。

1日当たりの時間(18時間)
運転スイッチをONしている時間です。
1日の外気温度変化により室外機(圧縮機)は自動的に停止したり、能力・消費電力が大きくセーブされる時間帯もあります。
※運転時間が少なくなっても、その時間帯によっては消費電力は比例して少なくなりません。

APFとは・・・通年エネルギー消費効率(Anual Performance Factor)
年間を通じてエアコンを使用したとき、1年間に必要な冷暖房能力を、1年間でエアコンが消費する電力量(期間消費電力量)で除した、性能評価指標です。この値が大きいほど省エネ性が高いといえます。
APF算出方法/APF算出計算例
東京地区・JIS C 9612による平均的な木造住宅(南向)・冷房期間5月23日〜10月4日時間・暖房期間11月8日〜4月16日・時間6:00〜24:00の18時間

※冷房期間とはルームエアコンを冷房運転する期間をいい、その期間は、標準気象データの日平均気温が22℃以上となる3回目の日から、日平均気温が22℃以上である最終日より2日前までとされています。また暖房期間とは、ルームエアコンを暖房運転する期間をいい、その期間は、標準気象データの日平均気温が14℃以下となる3回目の日から、日平均気温が14℃以下である最終日より2日前の日までとされています。(JIS C 9612:2013)

APF算出方法/APF算出計算例