パンフレット・出版物

日本冷凍空調工業会で発行しているパンフレットなどのうち、下記についてe-bookでご覧いただけます。
(PDFはe-bookからダウンロード可能です。印は、PDFのみです。)
家庭用エアコン
家庭用ヒートポンプ給湯機
業務用エアコン
ガスヒートポンプ(GHP)エアコン
空調設備機器
全熱交換器
業務用冷蔵庫
低温機器
フロン回収機
その他

家庭用エアコン
家庭用エアコンをご使用の方々へ・安心なご使用方法と環境配慮のお知らせ
家庭用エアコンをご使用の方々へ・安心なご使用方法と環境配慮のお知らせ
家庭用エアコンをご使用の方々に向け、安全なご使用方法と、環境配慮に関して、特にご認識いただきたい内容を中心にパンフレットを発行いたしましたので、ご活用ください。
詳細
家庭用エアコンの工事に携わる方々へ―環境配慮と安全確保について
家庭用エアコンの工事に携わる方々へ―環境配慮と安全確保について
エアコン工事に際し、特に注意を払っていただきたい工事上のポイントに絞って、パンフレットを作成しました。
詳細
ページの先頭へ戻る
業務用エアコン
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
騒音等防止を考えた家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックを作成いたしました。
詳細
家庭用ヒートポンプ給湯機の性能表示が変わります
家庭用ヒートポンプ給湯機の性能表示が変わります
平成23年2月21日に日本工業規格(JIS C9220“家庭用ヒートポンプ給湯機”)が制定されたことを受け、JIS C 9220の評価に基づく性能表示が始まりました。
ページの先頭へ戻る
業務用エアコン
業務用エアコンを長く安心してお使いいただくために―定期的な保守・点検のおすすめ
業務用エアコンを長く安心してお使いいただくために―定期的な保守・点検のおすすめ
故障の発生をできるだけ未然に防止し、少しでも長く・快適にご使用いただけるよう、保守・保全のガイドラインをまとめました。ご活用ください。
詳細
※印刷したパンフレットをお送りします(有料)。詳細をご覧ください。
JRA-GL13「マルチ形パッケージエアコンの冷媒漏えい時の安全確保のための施設ガイドライン」
JRA-GL13「マルチ形パッケージエアコンの冷媒漏えい時の安全確保のための施設ガイドライン」
冷媒としてR22、R134a、R407C、R410A を使用した対人空調を目的としたマルチ形パッケージエアコンの冷媒漏えい時の安全確保のためのシステム選定と施工および換気などの対策についての指針です。
詳細

※PDFでのダウンロード、印刷はできません。

マルチ形パッケージエアコンの冷媒漏えい時の安全確保のための施設ガイドラインQ&A
マルチ形パッケージエアコンの冷媒漏えい時の安全確保のための施設ガイドラインQ&A(JRA GL-13関連)
既存設備の対応やJRA GL-13:2012に関する問答集を作成しました。
詳細
ページの先頭へ戻る
ガスヒートポンプ(GHP)エアコン
ガスヒートポンプエアコンをより快適にお使いいただくためにー定期的なメンテナンスのおすすめ
ガスヒートポンプエアコンをより快適にお使いいただくためにー定期的なメンテナンスのおすすめ
少しでも長く・快適にご使用いただけるよう、「定期的なメンテナンスのおすすめ」としてガイドラインにまとめました。ご活用ください。
詳細
※印刷したパンフレットをお送りします(有料)。詳細をご覧ください。
ページの先頭へ戻る
空調設備機器
保守点検のおすすめ―チリングユニットの保守・点検ガイドライン
保守点検のおすすめ―チリングユニットの保守・点検ガイドライン
チリングユニットを対象に、必要な“保守・点検の内容と周期”の標準的な指標をまとめました。
詳細
チリングユニットに用いられるプレート式熱交換器の取り扱いについて
チリングユニットに用いられるプレート式熱交換器の取り扱いについて
ブレージングプレート式熱交換器は、従来の熱交換機と異なる構造から、取扱い方法に違いがあります。事前に本書をよくお読みのうえご使用ください。
詳細
定期的な“保守・点検”のおすすめ―空気調和器(エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット)を長く安心してお使いいただくために
定期的な“保守・点検”のおすすめ―空気調和器(エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット)を長く安心してお使いいただくために
空気調和器(エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット)の故障の発生を出来るだけ防止し、長期間お使いいただくために「保守・点検ガイドライン」をまとめました。ご活用ください。
詳細
ページの先頭へ戻る
全熱交換器
2つのCO2を減らしませんか?―全熱交換器は実現します―
2つのCO2を減らしませんか?―全熱交換器は実現します―
全熱交換器の採用は、省エネ・温暖化対策(CO2排出量削減)に効果を発揮します。さらに、快適な室内環境も同時に実現します。
詳細
全熱交換器を長く安心してお使いいただくために―定期的な保守・点検のおすすめ
全熱交換器を長く安心してお使いいただくために―定期的な保守・点検のおすすめ
故障の発生をできるだけ未然に防止し、少しでも長く・快適にご使用いただけるよう、「定期的なメンテナンスのおすすめ」としてガイドラインにまとめました。ご活用ください。
詳細
ページの先頭へ戻る
業務用冷蔵庫
「省エネ法」が改正され、業務用冷蔵庫等がトップラン名制度の対象に追加されました。
「省エネ法」が改正され、業務用冷蔵庫等がトップランナー制度の対象に追加されました。
お客様に分かりやすい省エネ表示が始まります。
「トップランナー制度とは」
「対象機器」
「省エネラベリング制度とは」
詳細
ページの先頭へ戻る
低温機器
コンデンシングユニットを長く安心してお使いいただくために―定期的な保守・点検のおすすめ
コンデンシングユニットを長く安心してお使いいただくために―定期的な保守・点検のおすすめ
故障の発生をできるだけ未然に防止し、少しでも長く・快適にご使用いただけるよう、「定期的なメンテナンスのおすすめ」としてガイドラインにまとめました。ご活用ください。
詳細
ページの先頭へ戻る
フロン回収機
フロン回収機でプロパン等のハイドロカーボン系冷媒を回収することはできません!
フロン回収機でプロパン等のハイドロカーボン系冷媒を回収することはできません!
プロパンなどのハイドロカーボン系冷媒を、フロン回収機で回収すると、フロン回収機が燃焼・爆発等を起こす場合があり、非常に危険ですので、このような作業を行わないようにお願いします。
詳細
ページの先頭へ戻る
その他
JRA GL-08「冷凍空調機器の冷媒回収に係る回収口形状と表示ガイドライン」
JRA GL-08「冷凍空調機器の冷媒回収に係る回収口形状と表示ガイドライン」
地球環境保護の観点から日本国内で販売される冷凍空調機器について、冷媒回収に係る回収口形状および表示ならびに冷媒充てん量の二酸化炭素換算値に係る表示に関する最小限の要求事項を示した指針。主な内容は、設置時漏えい防止および冷媒回収のために具備すべき要件、冷媒回収口のねじ仕様、機器本体への表示に関する事項、マニュアルなどへの記載事項。

※PDFでのダウンロード、印刷はできません。

JRA GL-08「冷凍空調機器の冷媒回収に係る回収口形状と表示ガイドライン」
JRA GL-08「冷凍空調機器の冷媒回収に係る回収口形状と表示ガイドライン(追補1)」
JRA GL-08を部分的に改正したものであり、機器本体への表示事項の変更などを行った追補版。

※この追補は、改正内容が記載されていますが、JRA GL- 08を併読して用いてください。

JRA GL-14「冷凍空調機器の冷媒漏えい防止ガイドライン」
JRA GL-14「冷凍空調機器の冷媒漏えい防止ガイドライン」
日本国内で販売されるフロン類を使用した冷凍空調機器(日本国外で生産されたものも含む)(車載用は除く)からの冷媒漏えい防止推進のため、設計、製造、施工、整備、使用、移設、廃棄時の要求事項を定めています。

※PDFでのダウンロード、印刷はできません。

JRA GL-14「冷凍空調機器の冷媒漏えい防止ガイドライン」Q&A
JRA GL-14「冷凍空調機器の冷媒漏えい防止ガイドライン」Q&A
JRA GL-14について、今後の運用の上Q&Aをガイドラインにまとめました。ご活用ください。
詳細
指定以外の冷媒を使用しない!!
指定以外の冷媒を使用しない!!
指定された冷媒と異なる冷媒を冷凍空調機器に封入すると、機械的不具合・誤作動・故障の原因となり、場合によっては安全性確保に重大な障害をもたらすおそれがあります。 
詳細
注意!! お使いの冷凍空調機器の改造行為に対して
注意!! お使いの冷凍空調機器の改造行為に対して
冷凍空調機器は、JIS規格や高圧ガス保安法などの基準に準拠するとともに、性能や安全性を確保するための最適な構造や制御システムを持っており、熱交換器などを増設するなどの改造行為は、いずれの場合も機器の性能や安全性を著しく損なうおそれがあります。 
詳細

ページの先頭へ戻る