関連製品


家庭用ヒートポンプ給湯機

家庭用ヒートポンプ給湯機購入動機・使用満足度調査結果について

日本冷凍空調工業会は、2017年に引き続き、家庭用ヒートポンプ給湯機(以下エコキュート)を購入した人を対象に購入動機と使用満足度の調査を実施しております。

結果は、次の通りとなっています。

  • 購入の背景は、『新築時に購入』『故障・老朽化による買い替え』が、それぞれ約30%と上位となっている。ユーザーの自発的行動による購入(買い替え)が主であることがわかった。
  • 2017年12月調査時は、リフォーム時の購入は20%であったが、今回の調査では9%に半減しており、リフォーム業者による提案が減っていると推察される。
  • 購入の決め手は「光熱費が安くなる」49%、「オール電化にしたい」45%、「火の気がなく安心」27%の順に多かった。過去2回の調査と比べると3大決め手に変わりはなかった。
  • 購入動機は、“イニシャルコストが安い”“電気代が安い”“販売店からの勧め”がTOP3であった。
    また、補助金そのものが購入動機となっているユーザーは、5%を下回っており、購入動機の施策にはなり得ていないことがわかった。
  • 購入後の満足度は、“満足”44%、“やや満足”51%で、計95%の人が、満足していると答え、アンケート実施前の推定通りの結果となった。
  • ご家庭使用のタンク容量、並びに想定最大使用人数については、2017年12月調査時に比べ、370Lタイプが39% ⇒ 44%へ増加し、550Lが13% ⇒ 9%へ減少しており、タンク容量選定が小型化傾向であることがわかった。
  • 370Lについては、90%強が想定最大使用人数は4人以下となっており、460Lにおいても、5人以上での使用も約30%と、使用人数に応じた容量設定が出来ているものと思われることがわかった。

概要版は、こちらからご覧いただけます。 前回調査はこちらからご覧いただけます。
エコキュート購入の決め手は?【複数回答】
エコキュート購入の決め手は?【複数回答】


エコキュートを購入して満足していますか?
エコキュートを購入して満足していますか?